ウェルカムボードは発泡スチロール製

今年の秋は、中南米の遺跡に関わる展示会を行う予定です。
今から準備を進めているのですが、あっというまに期日が来そうです(汗)。
私はウェルカムボードを発泡スチロールで立体的に作成するということを
業者さんと進めています。
これが終わったら展示用品の作成に移りますが、これも発泡スチロール製。
仕上がりをみると木製に見えたり、今の技術は素晴らしいですよ。
軽いので運びやすいし設置も楽だし、助かってます。

中南米の医療事情と井之頭病院で社会保障制度。

中南米の魅力ある遺跡を巡ることは、想像するだけでわくわくしてしまいますよね。
しかし、もし旅行中に体調を崩してしまったらどうします?
中南米では先進国に近い医療を受ける事が可能です。
しかし、公立と私立の医療格差が影を落としており、
地方と都市部でも同様な問題が存在します。
ブラジルなどは、公立の病院は外国人でも無料で診察してもらえますが、
設備面などから私立病院で受診することが一般的です。
そんな事もあり先日、風邪を引き井之頭病院で診療した際に
日本は社会保障が整備されているな感じましたね。
税金という呪縛はありますが。ハハハ。