太陽光発電の見積もりと景観と。

南米の遺跡を見て、親しみを持つ日本人って結構多いと思います。
マチュピチュとかクスコとか。
私が推測の一つは日本の建築に似ている所があるからだと思います。
石垣などは、お城の石垣にそっくりでそこだけ切り取れば武士の時代です。
あと一つはジ●リの貢献ですかね。
写真を見ながら「パズー」とか「シータ」など叫びたくなるのは私だけでないはず。
多くの遺跡が観光化し電気の供給などされますが、
太陽光発電の見積もりがいくらやすくても景観を壊す事がないでそのままでいて欲しいです。

マヤ遺跡へ思いを馳せながら水道修理

中南米の遺跡と言えばマヤ遺跡を思い浮かべる方が圧倒的に多いかと思います。
私もグアテマラへ行った時からマヤ遺跡の魅力に取りつかれまして、
あらゆる研究書やカタログ、グッズを買い集めました。
家じゅうマヤ遺跡に関わる何かしらを発見できます。
もちろんトイレもマヤ遺跡ポスターを貼ってます。カレンダーも(笑)。
昨日はトイレが水漏れしていたので、水道修理をしたのですが、
マヤ遺跡のことを考えたらイライラもしませんでした。